目にメスを入れたり、またレーザーを当てるというイメージがレーシックと聞きますとあり、怖い先入観を持っている人も多くなっています。
目を傷つけてしまう原因となる衝撃波は一切なく、ほぼ確実に視力回復を実現できます。

 

様々な臨床試験などもされており、レーシックは世界各国におきましても、その効果や確実性などが実証されているのです。
世界中で行われている施術であり、安全性だけではなく確実性も認められています。
術前に目薬のような形の麻酔をしますので、レーシック手術の際は、痛みがほとんどなく、術後も短期間で角膜を保護する働きを回復することが出来ます。
レーシックはメスを眼球に入れる施術では無いことから、誰もが考える失明の危険性は全くありません。

医療レーザー脱毛へ
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101



【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科ブログ:2019/10/20

きのう、
フリーで仕事をしているおれのところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけどおれは1日悩み込んでしまいました。

「奥さんと息子のために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人のおれが居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

おれ一人では答えが出せず、
思い切って奥さんに相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
奥さんも答えが出せずにいました。

もちろん奥さんにとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど奥さんの心の中にも、
「旦那にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな奥さんの気持ちを知ったとき、
おれは「はっ」と気付きました!

今までおれは、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつもおれは、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを奥さんや息子に、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いたおれは、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。