目にメスを入れたり、またレーザーを当てるというイメージがレーシックと聞きますとあり、怖い先入観を持っている人も多くなっています。
目を傷つけてしまう原因となる衝撃波は一切なく、ほぼ確実に視力回復を実現できます。

 

様々な臨床試験などもされており、レーシックは世界各国におきましても、その効果や確実性などが実証されているのです。
世界中で行われている施術であり、安全性だけではなく確実性も認められています。
術前に目薬のような形の麻酔をしますので、レーシック手術の際は、痛みがほとんどなく、術後も短期間で角膜を保護する働きを回復することが出来ます。
レーシックはメスを眼球に入れる施術では無いことから、誰もが考える失明の危険性は全くありません。

医療レーザー脱毛へ
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101



【お役立ちガイド】安心のレーシックを施すなら神奈川の美容外科ブログ:2019/11/21

あたくしは父大好きっ子です。
もし、親に相談することがあれば、
相談はママではなく父にするくらいです。

そんな父は
どちらかと言うと世話好きなおばちゃんって感じで、
いつも人の心配をしているような人です。
それでいて、無邪気で、でも男の背中も見せてくれます。

普段は甘えん坊で、
天然ボケみたいなところもありますので、
どちらかと言うと邪険に扱っております。

…が、そんな愛すべきキャラの
父の強さと悲しさを見たことが何度かあります。

それは祖父が亡くなった時のこと。
あたくしが幼稚園のときでした。

当時のあたくしは
父の置かれていた環境は知るはずもありませんが、
その時父は
「泣いていない」のに「泣いて」いました。

祖父は心臓病だったのですが、
あたくしたちは、運良く死に目に会うことが出来ました。

なぜ、運良くかといいますと、
父と祖父は仲たがいをして
長いこと会っていなかったからです。

父と祖父が和解したのは、
祖父が亡くなった時なのです。
あたくし自身も祖父に会ったのは、その最後の1、2回だけです。

最後の最後で自分の父と分かり合えたのに、
これで永遠のお別れなんて…

でも、男として涙をこらえていたんでしょうね。
子供ながらにひしひしと感じるんです。
この人の心は泣いているなって。号泣してるなって。

その時、
とりあえず子供たちは外にいなさいと言われたのですが、
その悲しみの大きさを感じて、返事も出来ずに何も言えずに、
あたくしは固まっていました…

人はこんな時、
誰でもそんな風にしてしまうのかもしれませんが、
あたくしは父の中に大きさを感じました。